歯科

横を向いている親知らずの抜歯のステップ

STEP1 レントゲンによる診断

事前にレントゲンで抜歯する歯の状態を確認します。

必要に応じてCT撮影を行うこともあります。

STEP2 炎症があれば抑えてから

歯の周りの歯ぐきが腫れて、炎症がつよい場合には

事前に抗生物質や消炎鎮痛剤で炎症を抑えてからになります。

炎症がつよい状態で抜歯を行うと、

炎症がさらに悪化する場合があります。

STEP3 抜歯(分割抜歯)

① ます、点線部分で親知らずを分割します

② 歯冠(歯のあたま)を取り除きます

③ 続いて歯根(歯の根っこ)を除去します。

 福岡県柳川市の石井歯科医院

親知らずについてお気軽にご相談ください。

ご予約・お問い合わせは

TEL : 0944-73-7792

HPはこちら、http://www.ishiishika.info/

口腔ケアでインフルエンザ予防

インフルエンザが大流行しています。

口腔内を清潔に保つことはインフルエンザ予防に有効な方法のひとつであることがわかっています。「うがい」「手洗い」そして「ハミガキ」がインフルエンザ予防のセルフケアです。

参考文献

「口腔ケアによる細菌性酵素活性の減少とインフルエンザの感染予防」

阿部修、石原和幸、奥田克爾、米山武義:日歯医学会誌:25,27-33,2006

2003年9月から2004年3月の冬季、適切な口腔ケアがインフルエンザにどんな影響を及ぼすかの調査が行われた。

65歳以上のデイケアに通う在宅介護高齢者190人が年齢、性別、残存歯数、要介護度、脳血管障害の既往、肺炎の既往などの項目において、偏りがないように2つのグループに分類

結果 インフルエンザ発症数

*p<0.01(Fisher’s exact test)

対照群は口腔ケア群と比較して有意にインフルエンザ発症者が多かった。

口はからだの入り口

口は食事だけでなく、細菌やウイルスの入り口です。口腔ケアで口を清潔に保ちましょう。

「うがい」と「手洗い」そして「ハミガキ」

「口呼吸は万病のもと」

お口を閉じて、細菌やウイルスを防ぎましょう。市販のマスクよりも、高性能マスクは鼻粘膜です。鼻呼吸をしましょう。

福岡県柳川市の石井歯科医院

口腔ケアについてお気軽にご相談ください。

ご予約・お問い合わせは

TEL : 0944-73-7792

HPはこちら、http://www.ishiishika.info/

親知らずは問題児? | 第3大臼歯

親知らずとは?

第3大臼歯のことをいいます。

前歯の真ん中から数えて8番目の歯で

一般的に18~22歳ごろに生えてきます。

親知らずは問題児?

問題点1 磨けない

どんなに一生懸命に歯ブラシをしても、しっかりハミガキできません。

むし歯や歯周病になる可能性が高いのです。

問題点2 むし歯になる

汚れがたまりやすく、親知らずもその手前の歯(第2大臼歯)も

むし歯になってしまいます。

問題点3 炎症をおこす

親知らずがでてくるスペースがない場合には

歯肉がかぶったままになり炎症を起こしやすくなります。

問題点4 歯周病になる

親知らずに周りに汚れがたまることによって

周りの歯槽骨を溶かし歯周病になります。

問題点5 口臭がする

汚れがたまり、口臭の原因となります。

問題点6 手前の歯の根を溶かす

手前の歯(第2大臼歯)の根を押した場合には、

その押された歯の根は溶けてしまう場合もあります。

問題点7 歯並びが悪くする

手前の歯を押すことによって、

歯並びが悪くなる場合があります。

問題点8 顎関節症になる

親知らずの影響で顎の動きが邪魔されるようなことがあると

顎関節症になる場合もあります。

トラブルが起きる前に

親知らずのトラブルが起きる前に

歯科医院でレントゲン検査を行う事をオススメします。

必要に応じて、積極的に抜歯を行う事も大切です。

一方で、あごの大きさが十分にあり、きれいに生え、

上下の歯のかみ合わせも良いならば、

親知らずにも噛む機能が期待できます。

福岡県柳川市の石井歯科医院

親知らずについてお気軽にご相談ください。

ご予約・お問い合わせは

TEL : 0944-73-7792

HPはこちら、http://www.ishiishika.info/

定期的に歯医者に通うメリット

自分でお口の中の状態をチェックするには限界があります。

定期的に歯科医院を受診することにはメリットがあります。

お口の中の状態を歯医者がしっかりチェックします。

むし歯や歯周病の予防をすることができます。

むし歯になった場合でも発見が早いので

歯を必要以上に削らずに済むことがほとんどです。

通院回数も少なくすみます。

しばらく歯科医院に縁のない方は、

まず歯科医院に行ってみてはどうでしょうか?

お口のメインテナンスは次のようなことをします。

① むし歯や歯周病がないかの診査・診断

② 歯垢(プラーク)・バイオフィルム・歯石の除去

③ ハミガキの指導

④ フッ素塗布によるむし歯予防

大切な歯を長持ちさせるために

定期的に歯科受診されてみてはいかかでしょうか?

福岡県柳川市の石井歯科医院

ご予約・お問い合わせは

TEL : 0944-73-7792

HPはこちら、http://www.ishiishika.info/

歯科処置前の抗菌剤予防投与

歯科処置前の抗菌剤予防投与に関する最近の見解は

下記のとおりです。

歯科処置前の予防的抗菌薬投与の有用性を確認

完全中止勧告後の英国で費用対効果を検証

英国立医療技術評価機構(NICE)は2008年に侵襲的歯科処置を受ける有リスク患者に対する感染性心内膜炎(IE)予防を目的とした抗菌薬予防投与(AP)を完全に中止する勧告を出し、これを受けて英国内のAP処方は急激に減少していた。このような特殊な状況にある英国において、侵襲的歯科処置を受ける有リスク患者に対するIE予防を目的としたAPの費用対効果を検討した結果、APは費用対効果に優れていることが確認された。論文はCirculation誌上で11月15日に発表された。

引用元:日経メディカル 2016年12月2日

歯科での予防抗菌薬減り感染性心内膜炎が増加

 歯科で侵襲的な治療を受ける患者には、感染性心内膜炎の予防を目的に抗菌薬の予防投与が行われてきたが、2008年に英国国立臨床有用性評価機構(NICE)は、こうした予防的な処方の完全中止を勧告した。その勧告後、英国では歯科での抗菌薬の予防的な投与が有意に減少した一方で、感染性心内膜炎による入院が有意に増加したことが、後ろ向き研究の結果として示された。英Taunton and Somerset NHS TrustのMark J Dayer氏らが、Lancet誌電子版に2014年11月18日に報告した。

引用元:日経メディカル 2014年12月16日

感染性心内膜炎の予防と治療に関するガイド ライン(2008年改訂版)

抗菌薬予防投与については,抜歯など歯科. 的処置の前には従来どおり実施すること推奨する

歯原性菌血症

菌血症とは、傷口から細菌が血中に入り込み、全身の血管を巡るものをいう。歯科と関連したものを歯原性菌血症と呼ぶが、たとえば、う蝕や歯周病もその状態を放置していると歯を磨くだけで歯原性菌血症が起きる。歯原性菌血症にはスケーリングや抜歯などの医療行為で発症する医原性菌血症と、歯磨きなどの生活習慣の不良によって発症する日常性菌血症の2つある。菌血症の累積頻度を考慮すると、医原性菌血症よりも日常性菌血症のほうが圧倒的に高い。歯原性菌血症は、プラーク指数、歯肉炎指数に比例して増加する。したがって、歯原性菌血症を予防するためには、プラーク指数と歯肉炎指数を低下させること、すなわち日常的な歯磨きと専門家による定期的な歯のクリーニングが必要である。また、咀嚼によっても口腔内細菌が血中に侵入する。その程度は歯周病の重症度と関係しており、歯原性菌血症の予防は、地道な口腔衛生活動と歯周病の治療が大切といえる。

引用元:Quint Dental Gate 歯原性菌血症

当院での投薬方針

抗菌薬の乱用は避けます。

適切な歯科処置前の抗菌薬予防投与を行います。

歯原性菌血症の予防につとめます。

福岡県柳川市の石井歯科医院

ご予約・お問い合わせは

TEL : 0944-73-7792

HPはこちら、http://www.ishiishika.info/