歯科

むし歯を予防するシーラント

お口の状態によって歯の溝がむし歯になる可能性が高いとき

むし歯になる前に歯の溝を埋める予防治療(以下:シーラント)を

させていただくことがあります。

① 萌出したばかりの歯は摩耗していないので溝が深い

② シーラントで溝を予防的に埋めます

③ シーラントによって細菌が入りづらくなります

むし歯は細菌が出す酸によって、歯が溶けてしまう疾患です。

シーラントによって、細菌が溝に入るのを防ぐだけでなく

細菌そのものをつきにくくしたり、酸を弱めたり、

歯を強くする効果が期待できます。

シーラントをしたからといって、むし歯にならないわけはありません。

しっかりと、フッ化物を含むハミガキ剤を利用して

きちんとハミガキをして歯の清掃をする必要があります。

福岡県柳川市の石井歯科医院

ご予約・お問い合わせは

TEL : 0944-73-7792

HPはこちら、http://www.ishiishika.info/

どうしてむし歯になる?

お口の中には、むし歯の原因とされるミュータンス菌をはじめとする細菌がいます。

細菌が食べかすなどに含まれる糖を分解して酸をつくります。

その酸が歯の表面を溶かしていきます。

これがむし歯になる始まりです。

基本的にお口の中は細菌が酸をつくりやすい環境です。

一方で、唾液が運ぶミネラル分による表面の修復

=再石灰化が行われています。

歯は自分で自分を治していますが

それを助けるのがフッ化物イオンです。

フッ化物イオンは、多くのハミガキ剤に含まれています。

ところが

ハミガキによる清掃が不十分であったり

糖質の多い食べ物や飲み物ばかりとっていると

再石灰化による歯の修復が間に合わなくなってしまい

むし歯になりやすくなってしまいます。

むし歯を予防するためには

歯科での予防処置だけなく

生活習慣の見直しやホームケアが大切です。

福岡県柳川市の石井歯科医院

ご予約・お問い合わせは

TEL : 0944-73-7792

HPはこちら、http://www.ishiishika.info/

ハミガキのタイミング いつする?

デンタルプラークは寝いている間に増えます。

ハミガキは就寝前と起床時にしっかり丁寧に時間をかけて行うのが大切です。

食後にはデンタルプラークは増えていません。

食事中は食べ物をしっかり咀嚼をすることで、

唾液が大量に分泌され、お口の中のpHはいい状態になります。

もちろん糖や炭水化物など酸性化しやすい食べ物は控えめがおススメです。

唾液緩衝能

唾液緩衝能とは、口腔内のpHに変化が起きたとき、唾液が正常な範囲に口腔内を保とうとその変化に抵抗するはたらきのことである。口腔内のpHは安静時に6.7~7.6と中性(pH7)に近い数値を示すが、飲食物摂取や口腔内にいる酸生産性をもつ細菌が酸を産出するなどして変化することがある。これに対して唾液は緩衝液として作用して、口腔内環境を守る。

食後の口腔清掃は食べかすを除去することが目的となります。

歯間部を(トゥースピックや歯間ブラシ、フロスを用いて)清掃し、

デンタルリンス(抗菌性洗口液)を使用するのがおススメです。

毎食後、歯ブラシでゴシゴシする必要はないのです。

寝る前にハミガキの後に、デンタルリンス(抗菌性洗口液)を使用していただくのが

う蝕予防やデンタルプラーク(歯垢)形成抑制の効果が期待できます。

効果的なハミガキ習慣を身につけることは、お口の健康にとっても良いと思います。

福岡県柳川市 石井歯科医院

ご予約・お問い合わせは

TEL : 0944-73-7792

HPはこちら、http://www.ishiishika.info/

「よく噛んで食べてください」は正しい?

「よく噛んで食べてください」

「30回以上噛んでください」

歯科医師が念仏のように繰り返して言ってきました。

軟らかい食べ物が多い現代、よく噛まずに飲み込むように食べてしまう人もいます。

よく噛むことで、唾液分泌を高め胃の消化力を高めてくれます。

噛む刺激で脳の血流がふえ、活性化するともいわれています。

認知症予防にも噛むことの必要性が注目されています。

伝言ゲームをご存知でしょうか?

最初の意図とは違ったことが伝わってしまうことがあります。

「よく噛んでください」→「力いっぱい噛んでください」ではありません

「やさしく丁寧に噛んでください」

無意識に力いっぱい噛んで、歯が割れたり、欠けたり・・・・

歯が悲鳴を上げてしまっていることがありますが

急に噛み癖は治せませんが、意識してみるのは大切です。

認知行動療法の難しいところです。

かみ合わせが悪いより、噛みすぎてないでしょうか?

福岡県柳川市 石井歯科医院

ご予約・お問い合わせは

TEL : 0944-73-7792

HPはこちら、http://www.ishiishika.info/

歯科外来環境体制加算 施設基準認定

歯科外来環境体制加算

石井歯科医院は歯科外来環境体制加算の施設基準取得をしております。

歯科外来診療環境体制加算の施設基準とは、厚生労働大臣が定める施設基準に適合しているものとして地方社会保険事務局長に届け出た保険医療機関において、歯科外来診療の総合的な歯科医療環境の体制整備に係る取組を行った場合という施設基準です。これは歯科診療の特性を踏まえ、患者さまにとってより安全で安心できる歯科外来診療の環境の整備を図る取り組みに対する評価です。

石井歯科医院では、以下の要件を満たし、この施設基準を満たし受理されました。

[施設基準]

  1. 所定の研修を修了した常勤の歯科医師が1名以上配置されていること
  2. 歯科衛生士が1名以上配置されていること
  3. 緊急時の初期対応が可能な医療機器(AED、酸素ボンベ及び酸素マスク、血圧計、パルスオキシメーター)を設置していること
  4. 診療における偶発症等緊急時に円滑な対応ができるよう、別の保険医療機関との事前の連携体制が確保されていること
  5. 口腔内で使用する歯科医療機器等について、患者ごとの交換や、専用の機器を用いた洗浄・滅菌処理を徹底する等十分な感染症対策を講じていること
  6. 感染症患者に対する歯科診療について、ユニットの確保等を含めた診療体制を常時確保していること
  7. 歯科ユニット毎に歯牙の切削や義歯の調整、歯の被せ物の調整時等に飛散する細かな物質を吸収できるよう、歯科用吸引装置等を設置していること
  8. 歯科診療に係る医療安全管理対策を実施している旨の院内掲示を行っていること

院内感染防止対策

院内感染防止対策 当院での院内感染防止対策への取り組みを紹介します。

当院では器具の滅菌とディスポーザブルを中心とした院内感染防止対策に取り組んでまいりました。

先ごろも週刊誌で器具の使いまわしなどの院内感染問題が取り上げられました。

院内感染を含めた歯科治療への不信感が高まっております。

患者さんの見えない部分の院内感染防止対策の取り組みに対して、

厚生労働大臣の施設基準に認定されることで

より安心して歯科治療をうけていただけるようにしました。

福岡県柳川市の石井歯科医院

ご予約・お問い合わせは

TEL : 0944-73-7792

HPはこちら、http://www.ishiishika.info/