歯の神経をとる処置とは?|大臼歯の根管治療

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

大臼歯の根管治療

主訴:左上の奥歯が痛い

左上第2大臼歯に大きなむし歯を認め、歯髄炎の診断です。

麻酔抜髄(根管治療)を行いました。

当院では、まず歯冠部のむし歯をしっかり除去し、隔壁を作成します。

ラバーダム防湿を行ってから根管内を触ります。

とにかく細菌感染の防止を大切です。

根管治療中に、根管内に唾液の流入は絶対させてはなりません。

根管治療中のうがいは、治療の失敗の原因になりえます。

1回目の治療は根管形成まで終了し、

2回目に症状が緩解していることを確認してから、根管内の洗浄をしっかり行った後に根管充填を行い、治療は終了しました。

根管治療において細菌感染のコントロールが最も重要と考えて行っております。

何か月も根管にお薬をつけるのを繰り返すということはしておりません。

福岡県柳川市の石井歯科医院

お口や歯の悩みについてお気軽にご相談ください。

ご予約・お問い合わせは

TEL : 0944-73-7792

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。