根管治療の失敗の理由|歯の神経の治療

「無菌環境であれば、根尖性歯周炎は起こらない」

「細菌感染がなければ、根尖性歯周炎は起こらない」

根管治療の失敗は細菌感染によるものです。

つまり根管治療とは細菌の繁殖しにくい環境を作り、可及的に細菌の総数を減らし、新たな細菌の侵入を防ぐことです。

つまり新しい根管治療の器具(マイクロスコープ、Ni-Tiファイル、MTA、CBCTなど)を使うことよりも、重要なのはいかに細菌感染に配慮することかということです。

ラバーダムをしない根管治療は細菌感染しやすいといえます。

福岡県柳川市の石井歯科医院

歯の神経の治療(根管治療)についてお気軽にご相談ください。

ご予約・お問い合わせは

TEL : 0944-73-7792

HPはこちら、http://www.ishiishika.info/

どの状態で根管治療をうけたいですか?|歯の神経の治療

① 歯が欠けて、むし歯が残っている状態

歯の神経が中央部に露出している

② むし歯をおおまかにとった状態

う蝕検知液で染め出すと、むし歯がまだ残っている

③ むし歯をしっかりとった状態

むし歯は取ったが、このままでは唾液や細菌が侵入しやすい

④ レジン隔壁を作り、ラバーダム防湿をした状態

この環境を作ってから、はじめて根管を触らせていただきます。

根管治療は時間と根気のいる難しい治療です。そして患者さんの協力があってこそ成り立つ治療でもあります。

当院では歯科医師だけでなく患者さんにも頑張ってもらって、根管治療に取り組んでいます。

福岡県柳川市の石井歯科医院

歯の神経の治療(根管治療)についてお気軽にご相談ください。

ご予約・お問い合わせは

TEL : 0944-73-7792

HPはこちら、http://www.ishiishika.info/

歯周病と発がんリスクの関係

米ニューヨーク州立大学バッファロー校健康衛生学部長らの調査によると

閉経後に歯周病になると、発がんリスクが約14%上昇する。

特に、歯周病になった人が食道がんになるリスクは3.28倍。他に、肺がん、胆嚢がん、乳がんなどでもリスクが上昇する。

喫煙歴があり歯周病になった人は、乳がん、肺がん、胆嚢がんの発症リスクが高まった。

今回の研究結果から、口腔の衛生を保ち、歯周病の予防や治療を行うことががん予防策として有効かどうかを検証する必要性が示唆された、としている。

歯周病の予防管理はお口の健康ではなく、発がんリスクにおいても有用であることがわかってきました。

お口の健康だけでなく、全身の健康に寄与できるよう

最善の歯科医療を提供していきます。

福岡県柳川市の石井歯科医院

歯周病についてお気軽にご相談ください。

ご予約・お問い合わせは

TEL : 0944-73-7792

HPはこちら、http://www.ishiishika.info/

健康の増進に関する厚生労働省の基本的な方向とは?

厚生労働省の健康施策

(2013年健康日本21(第二次)の告示)

・国民の健康増進の推進に関する厚生労働省の基本的な方向な下記の4項目である。

1) 健康寿命の延伸と健康格差の縮小

2) 生活習慣病の発症予防と重症化予防の徹底(NCDの予防)

3) 社会生活を営むために必要な機能の維持

4) 健康を支え、守るための社会環境の整備

上記の一から四を実現するため、国民の健康を増進を形成する基本要素となる栄養・食生活、身体活動・運動、休養、飲酒、喫煙および歯・口腔の健康に関する生活習慣の改善が重要である(平成二十四年 小宮山厚生労働大臣 厚生労働省告示第四百三十号)。

鶴見大学の花田信弘教授によると

健康の増進に関する厚生労働省の基本的な方向

① 健康寿命の延伸と健康格差の縮小

② 発症予防と重症化予防(歯科医院の疾病予防管理システムを充実させる)

③ 社会生活を営むために必要な機能の維持(話す機能・食べる機能)

④ 健康を支え、守るための社会環境の整備(歯科医院を街の保健室にする)

⑤ 栄養・食生活、身体活動・運動、休養、飲酒、喫煙、歯・口腔の健康

福岡県柳川市の石井歯科医院

歯周病についてお気軽にご相談ください。

ご予約・お問い合わせは

TEL : 0944-73-7792

HPはこちら、http://www.ishiishika.info/

インプラント ガイデッドサージェリー

歯科医療にもデジタル化の流れが進んでいます。

小臼歯にはCADCAM冠という模型をスキャンして、その情報をもとにレジンブロックを機械で削り出したかぶせものが数年前より保険認可されています。

インプラント治療もデジタル化の流れが進んでおります。

術前にCTと口腔内のデータをもとに最終的な修復する歯の形態をイメージして、シュミレーションを行い、ガイドを作製しインプラント治療を行います。

「インプラントガイデッドサージェリー」といいます。

安全にインプラント治療を行う上で術前診査は大切で、このシュミレーションは一役を担っています。

アナログとデジタルをうまく利用して、歯科の標準治療を行いたいと考えます。インプラントガイデッドサージェリーは万能ではありませんが、運用することで予知性の高いインプラント治療に近づけます。

福岡県柳川市の石井歯科医院

インプラントに関するご予約・お問い合わせは

TEL : 0944-73-7792

HPはこちら、http://www.ishiishika.info/