上あごの親知らずは磨けない | 上顎第三大臼歯

自分の上あごの親知らずって

鏡でまったく見ることができません。

もちろんハミガキも感覚ですることになります。

狭くて歯にブラシをあてるのも困難です。

下の写真のようにむし歯になってしまいます。

上の写真では、右側の黒くなった歯が親知らず(第3大臼歯)です。

接している左側の第2大臼歯もむし歯になってしまいます。

抜歯をすることイコール悪みたいな風潮がありますが

適切にお口の中の環境をコントロールすることを考えると

上の写真の親知らずは早急に抜歯が適応となります。

第2大臼歯はかみ合わせを保ち、快適な食生活を維持するために重要な歯です。

そのために第2大臼歯はむし歯にならないことが大切です。

プラークコントロールできない親知らずは

隣の歯がむし歯にならないうちに抜歯をお勧めします。

 福岡県柳川市の石井歯科医院

親知らずについてお気軽にご相談ください。

ご予約・お問い合わせは

TEL : 0944-73-7792

HPはこちら、http://www.ishiishika.info/

精密根管治療 マイクロエンドの視野

Modern Endo techniques(現代の歯内療法)

歯内療法の基本的なコンセプトは昔から変わらないものですが

1990年代以降の歯内療法のテクニックは画期的な進化をとげております。

基本的なルールを遵守して、新しいテクニックで根管治療を行う事で

より安全に成功率を高めることが可能となってきています。

マイクロスコープ下で行った根管治療

マイクロスコープ(手術用顕微鏡)を用いて

行った根管治療の一例を紹介します。

裸眼での手探りの治療と違い、見えている世界が違います。

手術用顕微鏡(マイクロスコープ)

当院では、光学レンズで世界的企業のカールツァイス社の

手術用顕微鏡 (OPMI pico MORAインターフェイス)を導入しております。

歯科分野での手術用顕微鏡(マイクロスコープ)の応用は

今後ますます一般的なものになっていくと思います。

福岡県柳川市の石井歯科医院

根管治療についてお気軽にご相談ください。

ご予約・お問い合わせは

TEL : 0944-73-7792

HPはこちら、http://www.ishiishika.info/

健康な歯が割れてしまう 歯冠破折

上の写真のように健康で、むし歯でない歯でも、割れることがあります。

歯の喪失の原因

歯周病 41.8%

う蝕(むし歯) 32.4%

歯の破折 11.4%

歯科矯正治療のため(便宜抜歯) 1.2%

その他 13.2%

参考:財団法人8020財団:永久歯の抜歯原因調査報告 平成17年より

実は、かなりの割合で「歯の破折」が抜歯の原因となっています。

本来、上と下の歯が接触するのは、食べ物を噛むときと飲み込むときだけです。

無意識に奥歯を噛みしめている方が多くいらっしゃいます。

歯ぎしりや噛みしめはセルフコントロールが大切です。

「唇を軽く閉じて、上下の歯を離し、舌先を上の前歯の裏にそえる」

ことを意識してみてください。

夜間就寝時の無意識のコントロールでは

ナイトガード(マウスピース)も選択肢のひとつとなります。

昔は硬いものが噛めることが、歯が丈夫であるという認識がありました。

「やさしく、丁寧に噛む」という習慣に改めていきたいですね。

福岡県柳川市の石井歯科医院

ご予約・お問い合わせは

TEL : 0944-73-7792

HPはこちら、http://www.ishiishika.info/

失った歯の数と動脈硬化が強く関連する

失った歯の数と動脈硬化が強く関連することをコホート研究で初めて証明 -歯周病の予防が動脈硬化を防ぐ可能性- — 京都大学

情報源: 失った歯の数と動脈硬化が強く関連することをコホート研究で初めて証明 -歯周病の予防が動脈硬化を防ぐ可能性- — 京都大学

動脈硬化が原因となって発症する病気で亡くなる人は非常に多く、また助かっても脳梗塞や心筋梗塞などの後遺症によるリハビリや介護など、医療費の増大が大きな社会問題となっています。

(中略)

その結果、失った歯の数と動脈硬化度に有意な関連があることが分かりました。また、女性に比べると男性でその傾向が強いことも明らかになりました。歯周病など口の中の病気は、予防効果が非常に高いことで知られており、歯科医院での定期的なメンテナンスや歯の清掃指導などで失う歯の数を減らすことができます。口の中の病気の予防や治療は、口の中の状態を改善させるだけでなく、動脈硬化症を予防するためにもよい影響がある可能性が考えられます。

歯周病の予防が動脈硬化を予防するためにもいい影響がある可能性があるとのことです。

歯周病はギネスブックにも載ってるほど罹患率の高い慢性疾患です。

しかしながら毎日の適切なブラッシングと定期的な歯科医院でのメインテナンスにより

歯周病の予防やコントロールは十分可能です。

お口の健康だけでなく、全身の健康のためにも、お口をきれいに保つのがおススメです。

福岡県柳川市の石井歯科医院

歯周病の予防のご相談をお受けてしております。

ご予約・お問い合わせは

TEL : 0944-73-7792

HPはこちら、http://www.ishiishika.info/

パウダー付医療用手袋の流通禁止について

今般、米国食品医薬品局(FDA)が、医療用手袋に付いているパウダー(コ ーンスターチ等)が安全性上のリスク要因になりうるとして、パウダー付き医 療用手袋の流通を差し止める措置をとることを発表しました。

(中略)

つきましては、我が国においても、一層の安全性確保の観点から、パウダー フリー手袋への供給切替えを促すため、下記のとおり取り扱うこととしました ので、御了承の上、貴管下の医療機器製造販売業者等に対し、周知徹底方、御 配慮願います。

引用元 : 独立行政法人 医薬品医療機器総合機構 参考資料

当院では以前より、パウダーフリーの医療用手袋を使用しており安全性を確保しております。

 福岡県柳川市の石井歯科医院

ご予約・お問い合わせは

TEL : 0944-73-7792

HPはこちら、http://www.ishiishika.info/