歯の変色をホワイトニング|内部漂白

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

むし歯が大きく、歯の神経の治療を行った後

数年後に歯が変色してしまっていることがあります。

原因としては、不確実な根管充填や

外傷(打撲など)による歯髄壊死が原因です。

改善方法としてはインターナルブリーチがあげられます。

当院では保険外診療(自費診療)で行っています。

1回の施術で、¥3,240です。変色が強い場合は、複数回の施術が必要となります。

処置前

処置後

利点

歯の形態を変えずに審美性や色調の改善ができることにあります。

歯質の削除量がない、もしくは少ないという意味で低侵襲で効果の高い方法です。

欠点

テトラサイクリンによる変色歯やアマルガムによる変色、

サホライドによる変色は非適応となります。

また効果には個人差があるので

複数回の処置が必要となることがあります。

福岡県柳川市の石井歯科医院

歯の変色についてお気軽にご相談ください。

当院では保険外診療(自費診療)で行っています。

1回の施術で、¥3,240です。

変色が強い場合は、複数回の施術が必要となります。

ご予約・お問い合わせは

TEL : 0944-73-7792

HPはこちら、http://www.ishiishika.info/

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。